Shoshi Shinsui

書肆心水 総合ページへ移動
ホームページへ





エッセンシャル・ニシダ 国の巻

西田幾多郎日本論集

敗戦後、多大の批判を受けてきた問題の論点。
デモーニッシュなる歴史的生命、あるいは、近代日本のパッション。
西田はどう「間違っている」か?


1938.「日本文化の問題(講演版)」
1940.「日本文化の問題(単行本版)」
1944.「国 体」(哲学論文集第四補遺)
1941.「国家理由の問題」

* 附) 全著書目次一覧=年代順論文リスト、語句・人名索引

シリーズ他巻→ 『エッセンシャル・ニシダ 即の巻 西田幾多郎キーワード論集』
シリーズ他巻→ 『エッセンシャル・ニシダ 命の巻 西田幾多郎生命論集』

   



* 刊行の趣旨をご紹介してあります。 こちら のページへどうぞ。
* 書評記事の断片をご紹介してあります。 こちら のページへどうぞ。




著者 西田幾多郎
書名 エッセンシャル・ニシダ 国の巻 西田幾多郎日本論集
体裁・価格 A5判並製 224p 本体価格2500円(税別)
刊行日 2007年9月30日
ISBN 978-4-902854-35-0 C0010


著者紹介

西田幾多郎 (にしだ・きたろう)

1870(明治3)年、石川県生まれ。哲学者。第四高等中学校中退、帝国大学文科大学哲学科選科修了。第四高等学校講師を経て教授。この時期より参禅への関心を強め、禅師につく。号の寸心はこのころ雪門老師より受けたもの。その後、学習院教授を経て、1910(明治43)年、京都帝国大学文科大学助教授。1911(明治44)年、『善の研究』を処女出版。1913(大正2)年、京都帝国大学文科大学教授。1917(大正6)年に『自覚に於ける直観と反省』を岩波書店より出版し、以後、『働くものから見るものへ』『一般者の自覚的体系』『無の自覚的限定』『哲学の根本問題』『哲学論文集(第一〜第五)』等、最晩年まで同書店より多数の単行本を出版、これらは後に『西田幾多郎全集』(岩波書店)に収められる。1928(昭和3)年、京都帝国大学を停年退職。1940(昭和15)年、文化勲章受章。1945(昭和20)年6月7日、病のため鎌倉にて死去。



目 次

西田幾多郎著書目次一覧(=時代順論文リスト)

日本文化の問題(講演版)
1938年(『京大学生課叢書第四編』)

日本文化の問題(単行本版)
1940年

国 体(哲学論文集第四補遺)
1944年

国家理由の問題
1941年(『哲学論文集 第四』所収)

附録小篇  日本的ということに就て
附録小篇  伝 統
西田幾多郎略年譜
語句・人名索引






Shoshi Shinsui