Shoshi Shinsui

書肆心水 総合ページへ移動
ホームページへ





入門セレクション

アジア主義者たちの声 (下)

猶存社と行地社、あるいは国家改造への試み

当人たちの生の声からアジア主義を考える入門選集。 三つの世代、三つのテーマ構成でアジア主義の流れと論点を構造的に把握。 下巻は「第三世代」篇。

北一輝 1883-1937
大川周明 1886-1957
満川亀太郎 1888-1936

*各巻独立した単行本としてお読みいただけます*

シリーズ他巻→ 『上巻 玄洋社と黒龍会、あるいは行動的アジア主義の原点』
シリーズ他巻→ 『中巻 革命評論社、あるいは中国革命への関与と蹉跌』

   



* 刊行の趣旨と編集方針をご紹介してあります。 こちらのページへどうぞ。




◎各巻独立した単行本としてお読みいただける巻構成です
著者 北一輝 大川周明 満川亀太郎
書名 入門セレクション アジア主義者たちの声 下 猶存社と行地社、あるいは国家改造への試み
体裁・価格 四六判上製 320p 本体価格2800円(税別)
刊行日 2008年3月30日
ISBN 978-4-902854-43-5 C0021


目 次

序 行動的アジア主義者の群像

北 一輝

二・二六事件調書
『日本改造法案大綱』序文  第三回の公刊頒布に際して告ぐ/緒 言
ヴェルサイユ会議に対する最高判決
ヨッフェ君に訓うる公開状(ロシア自らの承認権放棄)

大川周明

五・一五事件調書
『復興アジアの諸問題』序
北一輝君を憶う
インド人追放と頭山満翁 (『安楽の門』より)

満川亀太郎

『三国干渉以後』抄 インド独立と支那革命/日本改造法案大綱
『奪われたるアジア』自序
新アジア研究の必要
新アジアの曙光
東洋大いに革らんとす
『黒人問題』に就いて
いわゆるユダヤ陰謀論の迷妄







Shoshi Shinsui