Shoshi Shinsui

書肆心水 総合ページへ移動
ホームページへ




渡辺京二著

評伝 宮崎滔天

『逝きし世の面影』の渡辺京二における根本問題と、
滔天の「落花」の人生が響き合う名評伝新版


「情の人、豪傑」と見られがちな宮崎滔天を、デリケートな「知の人」ととらえ、その逆説的な批評精神の真価を、「ワマカシ精神」(己れを馬鹿にしきって、人を馬鹿にし、世を馬鹿にする)をキーワードに描き出す。

渡辺京二のロングセラー『北一輝』と双璧をなす傑作評伝。滔天が中国革命運動の「泥土にまみれる落花」として生きた日本とアジアの維新とはいったい何であるか?

アジア共同論の源流――滔天の〈大アジア主義と国家主義を超える視線〉を読み解く。(初版1976年 大和書房刊)

   



* 書評記事の断片をご紹介してあります。 こちら のページへどうぞ。
* 本文の断片をご紹介してあります。 こちら のページへどうぞ。




著者 渡辺京二
書名 評伝 宮崎滔天 (新版)
体裁・価格 四六判上製 384p 本体価格3500円(税別)
刊行日 2006年3月30日
ISBN 4-902854-14-7 C0023



著者紹介 渡辺京二 (わたなべ・きょうじ)

1930年生まれ。主要著作、『小さきものの死』(1975年刊)『評伝 宮崎滔天』(1976年刊)『神風連とその時代』(1977年刊)、『北一輝』(1978年刊、毎日出版文化賞受賞)、『日本コミューン主義の系譜』(1980年刊)、『逝きし世の面影』(1998年刊、和辻哲郎文化賞受賞)、『江戸という幻景』(2004年刊)、『渡辺京二評論集成』全四巻(1999〜2000年刊)。


目 次

序 章 侠と狂のあいだ

第1章 出自の問題

第2章 熊本協同隊

第3章 志士とはなにか

第4章 彷徨のとき

第5章 政治小説の世界

第6章 実地着手

第7章 恵州事件

第8章 泥土の落花

第9章 乞食芸人

第10章 夢みるひと

第11章 “よもや”の旅

第12章 辛亥革命

第13章 心契のゆくえ

第14章 闇夜の月

第15章 晩 年

注 あとがき 略年譜 索引(人名・作品名)



Shoshi Shinsui