Shoshi Shinsui

書肆心水 総合ページへ移動
ホームページへ





さなぎとイマーゴ ボードレールの詩学

泥をこねて黄金をつくる。
傷ついたままの幸福の技法とは何か?


予備知識不要、ボードレール・ワールドへの直行便。ボードレールの詩作品をふんだんに引きながらのボードレール読み解き旅行。

詩を読むこと、詩を書くこと、この言語行為は人間にとってどんな意味があるのか――ボードレールと考える。

「羽化した思いは、美しい色の蝶となっておびただしく舞っている。成虫のことをimagoという。現実のなかで幼虫であった感覚的印象や思いが、まるで忘れられたかのようにとなっている期間を経て、美しく変態したイメージとなって、今、眼前にあらわれ、意識されている。」

   



* 書評記事の断片をご紹介してあります。 こちら のページへどうぞ。




著者 岩切正一郎
書名 さなぎとイマーゴ ボードレールの詩学
体裁・価格 四六判上製 384p 本体価格3800円(税別)
刊行日 2006年8月30日
ISBN 4-902854-18-X C0098


著者紹介 岩切正一郎 (いわきり・しょういちろう)

1959年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。現在、国際基督教大学教授(フランス文学)。訳書に、ゴーギャン著『ノアノア』筑摩書房(ちくま学芸文庫)、カザノヴァ著『世界文学空間』藤原書店、ジラール著『サタンが稲妻のように落ちるのが見える』等。詩集に、『秋の余白に』『エストラゴンの靴』ふらんす堂、『木洩れ日の記憶・蛹の夜』七月堂、等。

蜷川幸雄の演出作品『ひばり』(ジャン・アヌイ作)と『カリギュラ』(アルベール・カミュ作)の翻訳を担当し、優れた戯曲翻訳・脚色に贈られる「第15回湯浅芳子賞」を受賞。


目 次

第一章 孤独と売春

 1 甘い香りの花と香水壜

 2 呼びかけと暴力と誘い

 3 黄金時代と愁い

 4 匂い・夢想・娼婦

 5 愛と唾液

 6 自分のなかのもうひとつの地平


第二章 解読と伝達

 1 似姿と他者

 2 音による亀裂の認識

 3 〈君〉の未知の姿

 4 真実の〈君〉

 5 「驚異」との出会い

 6 物語・詩・伝説

 7 ファンタスムを充当される〈私〉

 8 博士の狂気と理性の危機


第三章 保存と変質

 1 〈私〉という記憶の場

 2 香水壜 ―― さなぎとイマーゴ

 3 メタフォリックな記憶

 4 白 鳥 ―― トートロジーとアレゴリー

 5 シテール島への旅




Shoshi Shinsui