書肆心水・総合ページへ

記紀の構造・思想・記法  津田左右吉セレクション3
記紀の理性的読解を創始し真に学問的な日本思想史を提唱した津田左右吉

●民族の起源譚という妄説をただす

記紀はいかなる欲求、いかなる方法で、いかなる者により、いつ編まれたか。―― 神代史の記載を民族の起源もしくは原始社会状態を語ったものとする見解は誤った何の根拠もないものであることを明かし、神代史を経典視してその宗教観念を民衆のものと誤信した神道者や国学者の思想が現代にまで及ぶことを批判する精密な読解。

シリーズ他巻
津田史学の思想 津田左右吉セレクション1
日本文化と外来思想 津田左右吉セレクション2
 ここをクリックで本書のなかをPDFファイルでご覧いただけます


著者 津田左右吉
書名 記紀の構造・思想・記法 津田左右吉セレクション3
体裁・価格 A5判上製 320p 本体価格6300円(税別)
刊行日 2012年8月30日
ISBN 978-4-906917-04-4 C0021


●著者紹介

津田左右吉 (つだ・そうきち)

1873年生、1961年歿。歴史学者。厳密な古典批判により、記紀の神代史が客観的史実でないことを論証し、学問的な日本・東洋の古代史と思想史研究を開拓した。のちにその研究が右翼思想家から告発され、幾つかの著書が発禁となり、次いで出版法違反で起訴された。主著『文学に現はれたる我が国民思想の研究』(岩波文庫全8巻)。

1891年、東京専門学校邦語政治科卒業。1896年、教員免許状取得。中学校教員等を経て、1908年、満鮮歴史地理調査部(白鳥庫吉主任)の研究員となる。1913年、『神代史の新しい研究』刊行。1914年、満鮮歴史地理調査部の閉鎖によりその事業が東京帝国大学に移管、1915年、その嘱託研究員となる(1939年まで)。1916年、『文学に現はれたる我が国民思想の研究』刊行開始。1918年、早稲田大学講師となる(1920年、教授)。1919年、『古事記及び日本書紀の新研究』刊行。1924年、『神代史の研究』刊行。1926年、東洋文庫研究部研究員となる。1927年、『道家の思想と其の開展』刊行。1930年、『日本上代史研究』刊行。1933年、『上代日本の社会及び思想』刊行。1935年、『左伝の思想史的研究』刊行。1938年、『儒教の実践道徳』、『支那思想と日本』刊行。1939年、原理日本社の出版物による津田史学への攻撃が始まり、1940年、早稲田大学教授辞職、著書二冊が発禁となり、出版法違反(皇室の尊厳冒涜)で起訴される。1944年、「時効完成により免訴」の宣告にて起訴事件は解消。1946年、『論語と孔子の思想』刊行。1947年、帝国学士院会員に当選。1949年、『日本の神道』刊行、文化勲章受章。1950年、『儒教の研究』刊行開始。1951年、第一回文化功労者に選ばれる。1953年、『日本文芸の研究』刊行。1957年、『シナ仏教の研究』刊行。1959年、『歴史学と歴史教育』刊行。1961年、朝日賞受賞、『思想・文芸・日本語』刊行。





●目 次

記紀の研究の序説
 研究の目的及びその方法
 我々の民族とシナ人及び韓人との交渉
 文字の使用と古事の伝承
 記紀の由来、性質、及び二書の差異
 記紀の記載の時代による差異

神代の物語
 神代史の結構
 神代史の潤色
 神代史の性質及びその精神
 神代史の述作者及び作られた年代

書紀の書きかた及び訓みかた
神とミコト